更年期障害の対策

「更年期障害かも」と思ったら適切に受診し、更年期を快適に過ごそう

更年期障害による不定愁訴は、漠然とした違和感に始まり、本人だけが感じる自覚症状なので、周囲には分かりにくいものです。症状がつらい場合は、QOLを落とすことになりかねないため、一人で悩まず早期に婦人科で相談し、我慢しないで薬を上手に活用するとよいでしょう。また、更年期障害と思われる症状でも、実は別の疾患が原因の場合もあるので、「更年期だから仕方ない…」と自己判断するのは禁物です。一般的には次のような治療法があります。

  • 更年期障害の治療①:ホルモン補充療法(HRT)
     不足した女性ホルモン「エストロゲン」を補充する療法です。飲み薬、貼り薬、塗り薬の他、子宮内に薬を装着するタイプなど、体質や症状に合わせて様々な選択肢があるので、婦人科医と相談しながら、自分に合うものを処方してもらいます。ただし、乳がん、子宮体がんの人(罹患歴のある人)、血栓症や塞栓(そくせん)症患者の人、肝機能障害のある人、肥満、喫煙者などは受けられない場合もあるので、医師に確認を。閉経前の40代後半から取り入れるとよいでしょう。
  • 更年期障害の治療②:漢方療法
     生薬の力で心と体のバランスの乱れを回復させる療法です。ただし、たとえ漢方薬といっても体質に合わない場合もあるため、医師や薬剤師に相談して使用します。更年期障害の症状の改善に使われる漢方薬は、主に「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などがあります。
漢方薬 当帰芍薬散 加味逍遙散 桂枝茯苓丸
体質 冷え症、瘦せ型 冷えのぼせ、中肉中背 暑がり、ポッチャリ型
症状 四肢末端の冷え、浮腫 イライラ、不眠 発汗、体重の増加
  • 更年期障害の治療③:心理療法、心身医学的療法
     心理的・環境的要因によって更年期障害が引き起こされている場合や、ストレスの原因が具体的に思いあたるような場合には、臨床心理士など心の専門家に相談することもおすすめします。薬による治療ばかりではなく、カウンセリングを受けるなど、心理的・精神的ケアによって心身をリラックスさせることでも症状の改善が期待できます。


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

健康情報サイト