ものもらいの症状

ものもらい(麦粒腫)は、まぶたの腫れや痛みが起こり、膿が出ることもある

まつ毛の毛穴やマイボーム腺に細菌が感染すると、初期にはまぶたに赤みが出て、軽いかゆみなどを感じます。症状が進行するに伴い炎症が強くなり、赤み、腫れ、痛みが強くなり、目がゴロゴロするなどの症状も見られるようになります。やがて皮下に膿がたまり、自然に破れて膿が出ることもありますが、その後は回復に向かいます。

霰粒腫は、マイボーム腺の出口が詰まって分泌物がたまり、しこり(肉芽)がまぶたの中に現れます。一般的に痛みや赤みなどの症状はありませんが、麦粒腫と似た急性炎症を伴うこともあります(急性霰粒腫)。

ものもらいの種類と症状


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

健康情報サイト