薄毛危険度チェック

毛髪の寿命は通常、2~6年です。個人差はありますが、自然な抜け毛は1日70~80本です。100本程度の抜け毛なら心配はありません。
生まれたばかりの赤ちゃんの毛髪はうぶ毛と同様の軟毛ですが、少しずつ硬く太い毛髪に生えかわっていきます。しかし、硬毛から軟毛やうぶ毛になっていくと、薄毛が目立ってきます。さて、あなたの毛髪は健康を保っているでしょうか? チェック項目を調べて、確認してみましょう。


薄毛危険度チェック

毛髪はつねに成長しているわけでなく、一定の成長期を過ぎると頭皮方向に押し上げられて抜けます。成長期から退行期、休止期を経て抜け落ちるという毛髪の生えかわりを「毛周期(ヘアサイクル)」といいます。
毛髪は20~25歳をピークに老化します。若いころは成長期の毛髪が90パーセント、休止期が10パーセントぐらいですが、老化が始まると成長期の毛髪の割合が80パーセント程度に減っていくのです。また、毛髪が成長する時期が短くなり、以前ほど長くならずに抜けてしまいます。そのため、少しずつ太くて硬い毛から細くやわらかい毛髪になって全体に薄くなった感じがするのです。あなたは抜け毛が気になっていませんか? すこやかな毛髪が保てるよう、毛髪によい生活法やヘアケア法を知っておきましょう。

チェックスタート!

日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。
あなたの薄毛危険度をチェックします。

  • 1 よく髪が抜ける
  • 2 生活が不規則だ
  • 3 レトルト食品やインスタント食品を食べることが多い
  • 4 寝不足ぎみだ
  • 5 ストレスを感じやすい
  • 6 喫煙している
  • 7 アルコールが好きでよく飲む
  • 8 パーマをかけている
  • 9 カラーリングをしている
  • 10 あまり洗髪をしない
  • 11 ドライヤーを長時間かける
  • 12 紫外線を長時間あびる
  • 13 きつめの帽子やヘルメットをかぶることがある
  • 14 脂っぽい食べ物が好きだ
  • 15 髪のコシがなくなった気がする
  • 16 髪の色が薄くなった気がする
  • 17 髪の伸びが遅くなった気がする
  • 18 抜けた髪の太さが他の髪より細い
  • 19 切れ毛が増えた
  • 20 枝毛が増えた
  • 性別
  • 年齢
監修プロフィール
あもう・やすゆき 天羽 康之 先生

1996年北里大学医学部卒業。2014年より同大学医学部皮膚科学主任教授を務める。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医、毛髪科学研究会世話人など。

健康情報サイト