糖尿病危険度チェック

現在、日本国内の糖尿病患者は約690万人いるといわれ、糖尿病予備軍を含めるとその数は約1370万人にのぼると推定されています。糖尿病は40歳を過ぎて発症することが多いといわれ、40歳以上では実に10人に1人は糖尿病だと考えられています。しかし最近では、食生活の変化などが原因で、子どもや若者にも広がってきています。もはや国民病のひとつといえる糖尿病ですが、初期には自覚症状が出にくいために放置されるケースが多いようです。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こすこともありますから、放置してしまうと命にもかかわります。あなたには糖尿病の心配はないでしょうか? さぁ、あなたの糖尿病危険度をチェックしてみましょう。


糖尿病危険度チェック

糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が通常より高い状態が続く病気です。食物として体内に取り入れられた糖質は、分解されブドウ糖となって血液中に吸収され、全身に運ばれてエネルギー源として利用されます。余ったブドウ糖は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが働き、肝臓内でグリコーゲンに変えられてエネルギー源として蓄えられます。グリコーゲンは必要に応じて再びブドウ糖に分解され供給されます。この糖代謝によって、血糖値は一定に保たれているのです。すい臓から分泌されるインスリンの量が少なかったり、作用が弱っていたりすると、血液中にブドウ糖がたまり、血糖値が高い状態が続いたり、尿の中にも糖が排泄されてしまうのです。

チェックスタート!

日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。
あなたの糖尿病危険度をチェックします。

  • 1 最近、太ったような気がする
  • 2 疲れやすくなった
  • 3 家族や血縁者に糖尿病の人がいる
  • 4 すい臓や肝臓が悪いといわれたことがある
  • 5 つい食べ過ぎてしまう
  • 6 運動不足である
  • 7 体がだるい
  • 8 尿の量が多い
  • 9 食べてもすぐにお腹がすく
  • 10 のどがよく渇く
  • 11 よく食べるのに体重が減った
  • 12 体の一部に異常に汗をかく
  • 13 便秘や下痢を繰り返す
  • 14 目がかすむ
  • 15 視力が落ちた
  • 16 ふくらはぎがつる
  • 17 手足がほてる
  • 18 手足が冷える
  • 19 手足がしびれる
  • 20 立ちくらみがする
  • 21 食べてもすぐにお腹が減る
  • 22 アルコールを飲むのが好きだ
  • 23 たばこを1日1箱以上吸う
  • 24 油っぽい食べ物が好きだ
  • 25 早食いのほうだと思う
  • 性別
  • 年齢
監修プロフィール
順天堂大学医学部総合診療科客員教授 まつもと・たかお 松本 孝夫 先生

1948年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部卒業。同医学部総合診療科教授を経て東京臨海病院副院長歴任。順天堂大学医学部客員教授。

健康情報サイト