女性ホルモン健康度チェック

女性の元気とキレイを保つために、大きな役割を担っている女性ホルモン。そのバランスが乱れると、体や心にさまざまな不調を引き起こします。あなたの女性ホルモンの健康度をチェックし、セルフケアに役立てましょう。


女性ホルモン健康度チェック

卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2つを、女性ホルモンといいます。女性ホルモンは、月経を起こしたり、女性らしい体つきをつくるなど性成熟に関るホルモンですが、同時に肌や髪を美しく保つ、骨や血管を強くする、コレステロールの増加を抑えるなど、いろいろな面で女性の健康をサポートしています。そのため、女性ホルモンが乱れると、月経のトラブルをはじめ心身のさまざまな不調が現われることになります。女性ホルモンの働きを整えるためには、食事、睡眠、運動など生活習慣の改善が大切です。とくに女性ホルモンはメンタルの影響を受けやすいので、上手なストレスコントロールを心がけましょう。

チェックスタート!

日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。
あなたの女性ホルモン健康度をチェックします。

  • 1 月経周期が乱れがち
  • 2 月経期間が以前より短くなった
  • 3 月経の血量が以前より少なくなった
  • 4 月経の血量が多く、レバーのような塊が混じる
  • 5 月経痛が強い
  • 6 月経に伴って体の不調が起こりやすい
  • 7 月経前に精神的に不安定になる
  • 8 冷えを感じやすい
  • 9 顔や手足がむくみやすい
  • 10 肩こりや腰痛がひどい
  • 11 肌荒れや吹き出ものが気になる
  • 12 髪のパサつきや抜け毛、切れ毛が気になる
  • 13 疲れやすい、疲れがとれにくい
  • 14 よく眠れない、熟睡感が得られない
  • 15 めまいや立ちくらみを起こすことがある
  • 16 過去に無理なダイエットをした、または現在している
  • 17 インスタント食品やファストフードをよく摂る
  • 18 野菜をあまり摂らない
  • 19 冷たい食べ物や飲み物をよく摂る
  • 20 夏場に冷房のきいた場所で過ごすことが多い
  • 21 生活が不規則である
  • 22 過労や睡眠不足が続いている
  • 23 職場や家庭でストレスが多い
  • 24 気持ちの切り替えが下手で、くよくよ悩むタイプだ
  • 25 運動不足だと感じる
  • 性別
  • 年齢
監修プロフィール
産婦人科医 さおとめ・ともこ 早乙 女智子 先生

1986年筑波大学医学専門学群卒業。国立国際医療センター産婦人科レジデントとなり、その後、東京都職員共済組合青山病院、NTT東日本関東病院、ふれあい横浜ホスピタル産婦人科などを経て神奈川県立汐見台病院産婦人科。『保健体育のおさらい性教育(おとなの楽習)』(自由国民社)など著書多数。

健康情報サイト