歯周病(歯肉炎・歯周炎)の症状

歯周病の初期には歯茎に炎症が起こり、歯茎が腫れる(歯肉炎)

歯磨きが不十分で歯と歯茎の間にプラークがたまると、その中の歯周病菌が出す酵素や毒素によって炎症が起こり、歯茎が腫れてきます。この段階を「歯肉炎」といいます。
初期の段階では痛みもなく、自覚症状がほとんどないため、初期症状を見逃さないことが大切です。


炎症が悪化すると歯がぐらつき、やがては抜け落ちる(歯周炎)

歯茎の炎症が広がると、歯と歯茎の間にすき間(歯周ポケット)ができ、そこにプラークがたまって炎症が悪化。血や膿(うみ)が出たり、歯を支える歯槽骨が溶け始めたりします。口臭が強くなることもあります(軽度の歯周炎)。歯槽骨の破壊が進むと歯がぐらつき、物がかめなくなるために抜歯が必要になったり、抜け落ちたりします(進行した歯周炎)。

虫歯の進行

歯周病菌は様々な病気に関与する

歯周病は、歯茎だけでなく、歯周病菌や菌が出す毒素などが歯茎の毛細血管から血液に乗って全身を巡り、様々な部位で命にかかわる疾患を引き起こしかねないことが分かってきました。初期症状を見逃さず、しっかりケアすることは歯茎だけでなく、以下のような全身への悪影響を未然に防ぐことにつながります。

  • 歯周病菌による病気①:脳血管疾患
     脳の血管壁に歯周病菌が付着し、動脈硬化を進める。血管が詰まって脳梗塞や脳出血を引き起こすこともある。
  • 歯周病菌による病気②:心血管疾患
     歯周病菌が心臓の血管壁に付着すると動脈硬化を進め、血管が詰まると心筋梗塞に。また、歯周病菌が心臓の内膜に感染すると心不全を引き起こす。
  • 歯周病菌による病気③:肺炎
     唾液や食べ物、飲み物が誤って気管に入った時、そこに歯周病菌が含まれていると、気管や肺に入り込んで肺炎を起こすこともある。免疫力が落ちている人、高齢者は特に注意が必要。
  • 歯周病菌による病気④:糖尿病
     「歯周病は糖尿病の第6の合併症」ともいわれる。歯周病が進行すると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを低下させる物質が増加。糖尿病を引き起こしたり、改善を妨げたりする。
  • 歯周病菌による病気⑤:早産・低体重児出産
     歯周病になった歯周組織が生み出す炎症物質が血液中に入り込み、子宮の収縮を誘発して早産を引き起こすことがあります。歯周病がある妊婦の早産リスクは、そうでない妊婦と比べて約7倍ともいわれています。
歯周病菌が全身に及ぼす悪影響


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

健康情報サイト