生理痛の原因

プロスタグランジンという痛み物質が生理痛に関係

子宮の内側を覆っている子宮内膜は、受精卵の着床に備えて、排卵と共に徐々に厚みを増します。しかし妊娠が成立せず不要になると、はがれ落ちて血液と共に体外に排出されます。これが生理です。この時、子宮内膜からは、経血を排出するために子宮を収縮させるプロスタグランジンという物質が分泌され、子宮の収縮が強いと生理痛が強くなります。また、このプロスタグランジン自体が痛みを引き起こす物質でもあります。プロスタグランジンの分泌量には体質が関係し、分泌量が多い人は生理痛が強い傾向があります。

初潮から20代半ばくらいまでの若い女性では、子宮口が未熟で狭いために経血をうまく排出できない場合があります。そのため、無理に排出しようとして子宮が強く収縮し、痛みを強く感じることになります。このタイプの生理痛は、体が成熟するにつれて軽くなり、出産を機に消えてしまうこともしばしばあります。

月経痛の起こる原因

心身のストレスは生理痛を助長する

心身のストレスが多いと生理痛が強く現れやすくなります。ストレスによって血液循環が悪くなると、骨盤内がうっ血し、痛みを敏感に感じるようになってしまいます。体の冷えや激しい運動といった身体的ストレス、職場や家庭での精神的ストレスの他、「生理になると痛みがつらい」という悩みや不安がストレスとなり、さらに痛みが増すこともよくあります。


生理痛は子宮や卵巣の病気が原因の場合も

子宮や卵巣などの病気も、生理痛の原因となることがあります。中でも特に多いのが、「子宮筋腫(きんしゅ)」と「子宮内膜症」です。子宮筋腫は、子宮壁の筋肉の一部が増殖してコブのような良性の腫瘍(しゅよう)ができる病気。子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が卵巣や腹膜などで増殖し、生理のたびに出血する病気です。生理痛に加え、以下のような症状が見られる場合は、早めに検査を受けてください。

子宮筋腫と子宮内膜症の主な症状

子宮筋腫 子宮内膜症
経血にレバーのような血の塊が混じる
生理期間が長引く
生理中に下腹部が張る
不正出血(生理期以外の出血)がある
下腹部に硬いしこりを感じる
次第に生理痛が強くなる
経血量が多くなる
排便時に腹痛がある
性交痛がある
生理期以外の下腹部痛がある


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

健康情報サイト