子宮内膜症の予防法

低用量ピルで月経のコントロールを

子宮内膜症は月経が起こるたびに症状が進むため、月経量を減らすことが予防法となります。そこで登場するのが低用量ピルです。低用量ピルはエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが配合された薬で、これをのむことで排卵・月経を抑制できることと、プロゲステロンが効き、子宮内膜が増殖するのを防ぎます。

ピルというと避妊のイメージが強いかもしれませんが、月経痛や月経量をとても少なくし、かつ子宮内膜症のような女性特有の病気の治療薬としても使われています。乳房のはりや痛み、頭痛といった副作用はほぼなくなり、初経後の年齢から閉経までピルの服用が可能です。ピルは婦人科で処方され、ほとんどの女性にとって安全にのめる薬です。


定期的に婦人科検診を受ける

子宮内膜症を確実に防ぐことは難しいですが、定期的に婦人科検診を受けておけば、異常に気づきやすくなり、早期発見につながります。早い段階で病気が発見できれば、ピルなどをのんで進行を遅らせることも可能です。ホルモンの影響を大きく受ける女性の体は刻々と変わります。検診を習慣化し、体の状態をチェックしておきましょう。


かかりつけ医(クリニック)を見つける

子宮内膜症のみならず、女性の不調や病気の多くは女性ホルモンを外しては語ることができません。またこうした女性特有の病気は、現代女性なら誰しもかかって不思議はないものですし、女性の体は女性ホルモンの変動によって大きく変わっていくため、何も症状がなくても、あるいは、何か気になる症状があった時にはすぐに相談できる、かかりつけ医を見つけておくことが最も大事な予防法です。口コミなどを参考に、かかりつけの婦人科クリニックを見つけておきましょう。



この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 つしま・るりこ 対馬 ルリ子 先生

産婦人科医・医学博士。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。女性のための総合医療を実現するためにNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立(現理事長)。様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。

監修プロフィール
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長 つしま・るりこ 対馬 ルリ子 先生

産婦人科医・医学博士。1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年に「ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック」を開院。女性のための総合医療を実現するためにNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立(現理事長)。様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。

健康情報サイト