熱中症の症状

症状により熱中症の重症度を見極め、適切な対策を

  • 熱中症の重症度Ⅰ(軽度):めまい、立ちくらみ、筋肉のけいれん
     熱中症は症状の重さによって以下の3段階に分けられる。熱中症の重症度Ⅰ(軽度)の段階では、熱を放出させようと皮膚に血液が集まり、脳に運ばれる血液が減ることで、顔が青くなる、めまい、たちくらみが起こる(熱失神)。

    また、発汗に伴う塩分(ナトリウム等)の欠乏により、筋肉のこむら返り(ふくらはぎなどの筋肉のけいれん)が起こる(熱けいれん)。通常、症状が軽い場合は応急処置によって多くは回復するが、回復しない場合や悪化する場合は医療機関へ搬送を。ただし、回復しても容態が急変することもあるため、安静を保ち、周囲の人が体調の変化に注意を。
  • 熱中症の重症度Ⅱ(中度):頭痛、嘔吐、倦怠感
     熱中症の重症度Ⅱ(中度)の段階では、大量に汗をかいて体内の水分が不足し、脱水症状が出る。主に顔が赤くなる、頭痛、吐き気・嘔吐、体に力が入らない、ぐったりする、判断力の低下など(熱疲労)が起こる。

    意識障害がなくても、自分で水分補給ができない場合は、救急隊を要請し、同時に応急処置を行う。
  • 熱中症の重症度Ⅲ(重度):意識障害、手足の運動障害、全身のけいれん、高体温
     熱中症の重症度Ⅲ(重度)の段階では、体内の熱が放出できなくなって深部体温が急激に上昇し、呼びかけや刺激への反応がおかしい、全身のけいれん、真っすぐに歩けない、39℃以上の高体温などが起こる(熱射病)。

    ⇒上記、熱中症の応急処置に関してこちら


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
江田クリニック院長 えだ・あかし 江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

監修プロフィール
江田クリニック院長 えだ・あかし 江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

健康情報サイト