排尿痛の症状

原因疾患によって「排尿痛」以外にも様々な症状が現れる

排尿痛以外にも、原因となる疾患によって、以下のような様々なトラブルが起こります。

  • 「排尿痛」以外の症状①:頻尿、残尿感などを伴う「膀胱炎」
     膀胱炎による排尿痛は、尿の出始めや、排尿の終わり頃に、ジーンとした鈍痛、あるいはヒリヒリとした痛み感じる時もある。炎症によって膀胱が敏感になっているため、すぐにトイレに行きたくなったり、残尿感を伴ったりする。また、膀胱の粘膜が傷ついて尿に血が混じったり、細菌と闘った白血球が尿から出て、白いモヤモヤしたものが浮かんだり、白く濁ったりすることもある(濃尿)。
膀胱炎の主な症状
  • 「排尿痛」以外の症状②:会陰部の痛み、頻尿などを伴う男性の「前立腺炎」
     前立腺炎では、排尿痛の他、頻尿、会陰部(陰嚢と肛門の間)や下腹部の痛み・不快感、血尿などが現れ、発熱や倦怠感などの全身症状を伴うこともある。高熱で緊急を要する場合は入院が必要になることもある。
  • 「排尿痛」以外の症状③:膿、尿のにごりを伴う「尿道炎」
     淋菌性尿道炎もクラミジア尿道炎も、男性の場合は排尿痛がある。淋菌性尿道炎では排尿時とその直後だけ尿道にヒリヒリした痛みを感じると共に、膿のような分泌物が出て尿がにごる、発熱する、などの症状が現れる。一方、クラミジア尿道炎は自覚症状が非常に軽く、排尿時のちょっとした違和感と、分泌物も少量で透明で、乾けば下着に黄色い汚点は残る程度だが、「いつもとは違うな」と感じたら速やかに医療機関を受診する必要がある。女性は淋菌やクラミジアの尿道炎に感染しても自覚症状が現れにくく、それ故に感染を広げてしまう可能性が高い。
  • 「排尿痛」以外の症状④:強い排尿痛、腹部の痛み、血尿を伴う「尿路結石」
     尿路結石は、突然に腰や背中、脇腹にも激痛が起こり、冷や汗や嘔吐、尿路が傷つくので血尿などの症状も見られる。夜間から早朝にかけて起こることが多く、痛みは3~4時間ほど持続する。


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

健康情報サイト