食中毒

食中毒

食中毒とは、細菌やウイルス、化学物質などの有害なものを含んだ食品を食べたことで、下痢や腹痛、発熱、嘔吐などの症状が出る病気のことです。食中毒は原因物質によって大きく次の3つに分けられます。 ①細菌やウイルスなどの病原微生物や寄生虫によるもの、②農薬や金属などの化学物質によるもの、③フグや毒キノコなどの自然毒によるもの、です。症状や食べてから症状が出るまでの時間は原因物質によって様々。抵抗力の弱い小さな子どもや高齢者は重症化しやすく、死に至るケースもあります。最も発生件数が多いのは、①食品中の細菌やウイルスによるものです。

食中毒の原因

食中毒について知る


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

監修プロフィール
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ 今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

健康情報サイト