ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome/以下、ロコモ)とは、骨や関節、筋肉などの運動器の衰えが原因で、「立つ」「歩く」といった移動するための機能が低下している状態のことを言います。ロコモは、日本整形外科学会によって2007年にはじめて提唱された概念です。ロコモが進行すると、将来介護が必要になるリスクが高くなります。

立つ、歩くといった能力は、体の様々な機能が連携して、はじめて発揮される力です。私たちは普段、何気なく体を動かして歩いたり走ったり、飛んだり跳ねたりしていますが、そのように自由に体を動かすには、体を動かす指令を出す「脳」、脳からの指令を全身に伝える「脊髄」、そしてそれらの指令を受ける「筋肉」や「骨」「関節」「神経」などが正しく連携されている必要があります。これらが連携して体を動かす仕組みを「運動器」といい、運動器の連携がスムーズに行われることによって、私たちは体を自在に操ることができています。どこか一箇所でも不具合が生じると、途端に体をうまく動かすことができなくなり、ロコモになってしまうことも少なくありません。

足腰の筋肉は40代から衰え始め、50歳前後からは男女ともに骨がもろくなり始めます。平均寿命が80歳を大きく超えた現代の日本では、支援や介護を必要とせず、元気で自立して過ごせる「健康寿命」を延ばすことが重要ですが、実は要支援・要介護になってしまう原因の多くは転倒、骨折や関節の病気など運動器の障害であり、ロコモが大きく関係しているのです。

ロコモは、ちょっとした運動習慣を日々積み重ねていくことで予防が可能です。まずは、かんたんにできるロコモのセルフチェック(ロコモ度テスト)で、ご自身のロコモ度をはかってみましょう。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)について


この記事はお役に立ちましたか?

今後最も読みたいコンテンツを教えてください。

ご回答ありがとうございました

監修プロフィール
伊奈病院整形外科部長 いしばし・ひであき 石橋 英明 先生

1988年東京大学医学部卒業。96年同大学院医学研究科学位取得。99年東京健康長寿医療センター整形外科医長。04年より現職。日本整形外科学会「ロコモチャレンジ!推進協議会」委員、NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表理事、日本骨粗鬆症学会評議員。

監修プロフィール
伊奈病院整形外科部長 いしばし・ひであき 石橋 英明 先生

1988年東京大学医学部卒業。96年同大学院医学研究科学位取得。99年東京健康長寿医療センター整形外科医長。04年より現職。日本整形外科学会「ロコモチャレンジ!推進協議会」委員、NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表理事、日本骨粗鬆症学会評議員。

健康情報サイト